事業計画書作成サポート

事業計画

事業計画の策定サポート・実行サポートについて

WCCにとっての『事業計画』の位置づけ
WCCでは、経営管理の仕組みを以下の体系で捉えており、その中の具体的な事業の方向性を組み立てた指針として、『事業計画』を位置付けております。
従って、『事業計画』は作成して終わりではなく、「『事業計画』を運用するための体制」の構築支援や、一部業務の代行を、定期訪問の中で行っております。

WCCによる事業計画の作成・実行サポートは、次のような流れになります。
(会社の大小、業種、状況によって実際には変わってきます。)

I.フェーズ1:実態調査

御社の改善・強化・承継を進めて行くにあたって、御社の内部・外部の環境を分析します。
内部環境については事業面(活動面)・財務面(数値面)の両面から、分析していきます。
資金繰りの状況が厳しい場合の緊急避難の方法についても、ご説明いたします。

II.フェーズ2:計画策定サポート

改善・強化・承継等、御社の目指す方向を実現するための、ビジョン作り・経営方針作り・活動施策作り・数値計画作りのお手伝いをします。
最終的には事業計画の形にまとめ上げられます。
必要に応じて、金融機関からの協力を頂くために、各金融機関への訪問説明や、金融債権者会議での説明を致します。

III.フェーズ3:計画実行サポート・財務顧問(必要に応じて)

計数管理面の改善・強化をお手伝いします。
一度立てた計画の実行をしていくにあたり、活動面・業績面が、当初立てた計画に対して予定通り進んでいるか、進んでいない場合はその原因確認のお手伝いをします。
また、当初計画策定時では想定していなかったことが起こりますが、この後から出てきた課題に対する改善検討のお手伝いをします。

IV.フェーズ4:税務顧問(必要に応じて)

経営の中で生じる様々な経営上の悩みについて、ご相談をお受けします。
金融機関との付き合い方や資金繰りのご相談を行います。
必要に応じて、記帳代行から決算書作成、税務申告書の作成代行を、WCCと同じメンバーで構成される公認会計士・税理士斎藤秀樹事務所にて行います。

こちらのサービスを合わせてご利用いただくことで、従来、税務会計事務所とコンサルタントへの対応のために要していた時間とコストが一本化でき、かつ、金融機関への説明も御社の数値の生の数値を加工して行うことができるため、説明時の説得力が高まります。

当社の財務・税務顧問業務は、財務会計(税務会計)の税務顧問を行うと同時に、管理会計の作成代行も行い、更には資金繰り見込との連動や、金融機関報告資料への対応も一気通貫で行っております。

一般的な中小企業の会計数値の流れ

WCCが行う財務会計(税務顧問)&管理会計・資金繰り見通し・金融機関報告資料作成体制

WCCが管理会計で用いる業績情報の質
当社の税務顧問業務は、もちろん最終的に税務申告に用いることができる会計の質となっています。
その一方で、経営者にとって自社の業績を「ぱっと見」で理解するためには、一般的な財務会計の決算書(貸借対照表・損益計算書・製造原価報告書・株主資本等変動計算書と販売費及び一般管理費の明細)では、事業実態に様式が合っておらず、かつ、細かすぎます。

このため、以下の点を踏まえた業績管理数値を月例会にて提示しております。

「ぱっと見」で損益絵御理解する図として、次のように整理できます。

これらを実際の月次訪問で用いる帳票に落とし込んだ際には、次のような形になります。

以上の様式は、業種や経営方針(どこに力を入れているか)、部門の数、人員の数、勘定科目の重要性、等、様々な要素を考慮しながら各社ごとにカスタマイズし、一定期間修正を掛けながら使い勝手のいい様式に着地させていきます。
また、経営者にはあくまでも「ぱっと見」で全体感が判る情報を提供することを中心にしますが、上記資料を毎月更新する過程で、詳細な異常値が発見されますので、その部分は「備考」欄に記載されることになり、経営者は詳細も把握できるようになります。

経営者との業績の検討会は、基本的には実績と予算・前期の数値との対比及び事業計画上の改善施策とその実施状況について、比較検討が行われます。業績が予算を下回り続けた場合には、その原因について経営者と討議を行い、改善すべきポイントを指し示すして、経営者に改善すべき個所の改善施策を追加で考えて頂いたり、改善施策を検討する際の材料となる、「業種は異なるがこの様なやり方がある」等の情報を提供していきます。